ホームページ制作時に行うSEO対策の注意点

インターネットの世界では、例えばgoogle社が検索エンジンと呼ばれる独自のアルす。その結果利用者は、ブラウザにキーワードを入れて検索すると、目的とするホームページのイメージに一番合致している順にインデックス表示をします。 このことはインターゴリズムによって、あらゆるホームページを読み込み、情報を収集し、インターネットの利用者が少しでも良質な情報に容易にアクセスできるよう、一種の交通整理をしていまネットの利用者の目から見ている訳ですが、ホームページ制作者や運営者の目から見たらどうなるでしょうか。答は簡単です。検索エンジンのアルゴリズムに優先的に見いだしてもらえるホームページにすれば良いのです。概略でSEOとはそのための施策といってよいでしょう。 具体的にSEOとは何をするのかを述べる前に、注意点も述べておきます。検索エンジンが評価してくれるのは、ズバリ「良いサイト」です。正確な情報がたくさん集められ、それを効果的に見せ、常にアップデートされており、ファンが多いサイトです。この条件を満たせば長期的にはSEO施策は特別には不要です。 しかし言うは易く実現は難しいことなので、テクニックとしてのSEOが必要になります。第一はHTMLやCSSのタグを本来の目的通り正確に使うことです。同じ表現を可能にする複数の方法がありますが、タグの誤用はHTMLの混乱に他なりませんので検索エンジンの嫌うところです。そしてタグの中の「title」と「h1」を最重要視します。前者はサイトのタイトルであり、精選したキーワード2〜3を組合せ自然な文章とします。後者は大見出しですので、最重要キーワードを端的に用います。

ホームページ制作のSEO対策で気を付けたいデメリット

SEOの施策を充実させて、運営するホームページを検索インデックスで上位表示させる理解ができたとします。少しでも順位を上げる努力をするのは当然です。そうすれば沢山のファンを持つ立派なサイトになるというメリットがあります。 しかしホームページ制作者・運営者が過度のSEO対策を行った結果、検索エンジンから見放されてしまう、というデメリットもありますので注意が必要です。検索エンジンとはコンピュータプログラムであり、インターネット上のあらゆるホームページのを閲覧して情報を吸い上げます。そして閲覧者にとってより良いホームページを案内できるよう便宜を図るのです。しかしプログラムはあくまでプログラムです。アルゴリズムが判明すれば検索エンジンに目くらましをかけて悪用する人も現れます。かつてこのプログラムはキーワードの出現率の高さを重視しているとみなされていました。そのため悪意あるホームページ制作者・運営者は、Webページの白地の部分に白い文字でキーワードを大量に羅列するというSEO施策をとったものです。そしてある時期非常に効果がありました。しかしプログラムは徐々に精度を上げ、今ではあたかも人が目視で一つ一つのホームページをチェックしているかのようになりつつあります。そうなった時、先のような悪意ある手法はSEOのためのSEOとして排除されるようになりました。その結果キーワード検索をしてもどこにも表示されない、すなわちインターネットの世界から締め出されてしまったのです。 今日必要とされるのは、SEOの正しい理解と、日々の更新を伴う充実したホームページが評価されるようになってきている、という常識なのです。