ホームページ制作のSEO対策にはアルゴリズムを理解力が必須

Pocket

私たちは普段、インターネットで調べものをする時、ブラウザのキーワード欄に適宜言葉を入力して検索します。すると多くの場合、探している情報を掲載したホームページが出来の良い順にインデックス表示されます。そのためトップに表示されたホームページを閲覧すれば、大抵は目的が達せられます。しかし反対に、そのページの下位や2ページ目以降に表示されるホームページは殆ど見ることはありません。 それではある言葉をキーワードとして検索すると、どうしてこのような結果が得られるのでしょうか。利便性を享受できればどうでも良いとは言えますが、反対にホームページ制作者・運営者にとってはその仕組みを是非知りたいところです。 検索エンジン大手のgoogle社は、独自のコンピュータプログラムを自前で用意しています。そしてインターネットの世界を常に巡回して、あらゆるホームページの情報を吸い上げ、データベース化しています。そのため閲覧者にとってはキーワードを入力するだけで、それにまつわる優良サイトを優先的に表示させるのです。 このプログラムの仕組みのことをアルゴリズムといいます。アルゴリズムを理解すれば、どのようなホームページ制作を行えば優先的に検索してもらえるかが分かります。そうすれば検索エンジン最適化すなわちSEOの施策が可能になります。このようなアルゴリズムは非公開ですが、制作者がSEO施策の試行錯誤をすることである程度の想定ができます。そして適切なSEO施策を行った制作者が勝者となり、検索順位上位進出を可能にします。とはいえ策を弄することよりは良質なサイトづくりが最上のSEO施策であることも理解すべきでしょう。