ホームページ制作時に行うSEO対策の注意点

Pocket

インターネットの世界では、例えばgoogle社が検索エンジンと呼ばれる独自のアルす。その結果利用者は、ブラウザにキーワードを入れて検索すると、目的とするホームページのイメージに一番合致している順にインデックス表示をします。 このことはインターゴリズムによって、あらゆるホームページを読み込み、情報を収集し、インターネットの利用者が少しでも良質な情報に容易にアクセスできるよう、一種の交通整理をしていまネットの利用者の目から見ている訳ですが、ホームページ制作者や運営者の目から見たらどうなるでしょうか。答は簡単です。検索エンジンのアルゴリズムに優先的に見いだしてもらえるホームページにすれば良いのです。概略でSEOとはそのための施策といってよいでしょう。 具体的にSEOとは何をするのかを述べる前に、注意点も述べておきます。検索エンジンが評価してくれるのは、ズバリ「良いサイト」です。正確な情報がたくさん集められ、それを効果的に見せ、常にアップデートされており、ファンが多いサイトです。この条件を満たせば長期的にはSEO施策は特別には不要です。 しかし言うは易く実現は難しいことなので、テクニックとしてのSEOが必要になります。第一はHTMLやCSSのタグを本来の目的通り正確に使うことです。同じ表現を可能にする複数の方法がありますが、タグの誤用はHTMLの混乱に他なりませんので検索エンジンの嫌うところです。そしてタグの中の「title」と「h1」を最重要視します。前者はサイトのタイトルであり、精選したキーワード2〜3を組合せ自然な文章とします。後者は大見出しですので、最重要キーワードを端的に用います。