ホームページ制作のSEO対策で気を付けたいデメリット

Pocket

SEOの施策を充実させて、運営するホームページを検索インデックスで上位表示させる理解ができたとします。少しでも順位を上げる努力をするのは当然です。そうすれば沢山のファンを持つ立派なサイトになるというメリットがあります。 しかしホームページ制作者・運営者が過度のSEO対策を行った結果、検索エンジンから見放されてしまう、というデメリットもありますので注意が必要です。検索エンジンとはコンピュータプログラムであり、インターネット上のあらゆるホームページのを閲覧して情報を吸い上げます。そして閲覧者にとってより良いホームページを案内できるよう便宜を図るのです。しかしプログラムはあくまでプログラムです。アルゴリズムが判明すれば検索エンジンに目くらましをかけて悪用する人も現れます。かつてこのプログラムはキーワードの出現率の高さを重視しているとみなされていました。そのため悪意あるホームページ制作者・運営者は、Webページの白地の部分に白い文字でキーワードを大量に羅列するというSEO施策をとったものです。そしてある時期非常に効果がありました。しかしプログラムは徐々に精度を上げ、今ではあたかも人が目視で一つ一つのホームページをチェックしているかのようになりつつあります。そうなった時、先のような悪意ある手法はSEOのためのSEOとして排除されるようになりました。その結果キーワード検索をしてもどこにも表示されない、すなわちインターネットの世界から締め出されてしまったのです。 今日必要とされるのは、SEOの正しい理解と、日々の更新を伴う充実したホームページが評価されるようになってきている、という常識なのです。